筋トレグッズベスト5

運動嫌い人間でも長続きした筋トレグッズベスト5

スポンサーリンク

はじめまして、在宅海洋生物と申します。24歳女性、ゲームとテレビが大好きなインドア人間です。

インドア生活をしていて、たびたび不安になるのが筋力の低下、将来寝たきりになったらどうしようという不安です。

だけど運動は嫌いだしそもそも長続きしない。気づけば三日坊主も当たり前。

ムキムキになりたいわけじゃないけれど、ちゃんと体づくりはしておきたいけど飽きちゃう。

そんなジレンマを解決してくれた、私のような運動嫌い人間でも長続きしている筋トレグッズを紹介します。

スポンサーリンク

運動嫌い人間でも長続きした筋トレグッズベスト1『ダンベル』

自分で持ってちょっと思いかな?くらいのダンベルがいいです。軽いダンベルだとすぐに飽きます。
ちょっと負荷が大きい方が、「やってる感」があって長続きします。

私は銀色に黒い持ち手のものを使っています。見た目のかっこよさも長続きの秘訣です。
また、腕の上げ下ろしなどをするときには姿勢が変わりにくいので、テレビやスマホを見ながらのトレーニングもできます。

本当は筋肉を意識して視線は鍛える部分を見た方がいいそうなんですが、「続ける」ことを優先するなら「ながら」が一番です。

視線に動きの少ないダンベルは「ながら」筋トレにもってこいです。扱い方も簡単でわかりやすく、手に入れるのも難しくないので今回1位に選びました。

運動嫌い人間でも長続きした筋トレグッズベスト2『suria(スリア) ヨガマット 厚さ4mm 高密度 クッション性 [HDエコマットプラス4mm コーラル]』

運動が長続きしない理由の一つが、居心地の悪さでした。

腹筋や柔軟をするとき、堅いフローリングの上だと足腰痛いし、畳の上だと草がついて汚れます。さらに滑る。
畳は目に逆らえば固定できますが、目に沿った途端につるつる滑ってイライラしてしまう。ヨガマットはそんな悩みを解決してくれます。

ゴム製で滑りにくい素材なので、腕を突っ張っても滑らないし、多少クッション性があるので、何も敷かないより体が痛くない。あとは、「ヨガマットを広げる」という行為をすることで、「やるぞ!」という気合を入れるきっかけにもなります。

スポンサーリンク

運動嫌い人間でも長続きした筋トレグッズベスト3『AKAISHI アカイシ 美尻筋MAKER (コーラルピンク, フリーサイズ(22.0cm~24.5cm))]』

面が不安定になっている、二つの器具を靴のように足にくっつける筋トレグッズです。

これを履いて立つと、バランスをとるために足とお尻の筋肉が鍛えられます。これも視点があまり動かないので、「ながら」運動に最適です。

また、片足立したり、膝につけて腕をつっぱったり、など、他の筋トレと合わせることで負荷を増やすことができます。
負荷を増やせば「やってる感」があって、長続きできるようになります。

とりあえず履いて立っておけば鍛えられるので、運動嫌いにはもってこいの筋トレグッズと言えるでしょう。これを片足に履いて、もう片方の足を蹴り上げる筋トレで、お尻がきゅっと引き締まりました。

スポンサーリンク

運動嫌い人間でも長続きした筋トレグッズベスト4『フィットネスインフレータブルパンチングバッグ 自立式パワーボクシングバッグ』

何より楽しいのが魅力の筋トレグッズです。

ビニールのパンチングバッグで、底の部分に水を入れることで、おきあがりこぼしのようにパンチしても戻ってくる設計になっています。

パンチしてもキックしても戻ってくるので、ストレス解消にはもってこいです。

ビニールはかなり厚手なので、水や空気が漏れる心配もありません。
パンチバッグが倒れる分のスペースが必要なので、ある程度の部屋の広さ、あるいは強靭な壁が必要になります。

意外と体力を使うので、使った後は息が上がってます。楽しく体を動かすなら、このアイテムがお勧めです。

運動嫌い人間でも長続きした筋トレグッズベスト5『レッグマジックX LGM-AMXX』

気付いたらめちゃくちゃ筋肉痛になる、諸刃の剣の筋トレグッズです。

左右に自由に動くようになっている足場を揃えることで、太腿の内側の筋肉を鍛えます。

動作はそう難しいものではないので、誰でも簡単にできます。
もちろん、テレビを見ながら、スマホを見ながらでも問題ありません。

使っている間は「本当に鍛えられているのかな?」というくらいに軽い感覚ですが、次の日には必ずと言っていいほど筋肉痛になる、不思議な筋トレグッズです。やりすぎにはご注意ください。次の日に外出の予定があるときは特に。

ただし、それくらいに筋トレ効果はあるので、足のシェイプアップを目指すなら、是非挑戦してほしいグッズです。

まとめ

今回は、「運動嫌いでも続く」ということに焦点をあてて、筋トレグッズを紹介してみました。
どれも、実際に運動嫌いの自分が、2年以上続いている筋トレグッズなので、かなり続けやすいと思います。

大事なのは、楽しく、やりすぎないくらいに、「ながら」で筋トレすることです。もちろん、本気で、追い込んで、しっかりやった方が筋肉はつくかもしれません。

しかし、いざ「筋トレをはじめよう」と思った時は、気負いすぎず、少しゆるめにやるくらいが、長続きするコツかもしれません。是非参考にしてみてください。

家トレをしよう!オンラインパーソナルトレーニングベスト5!外出制限が出ている昨今、皆さんはどうお過ごしですか? 家にずっといるのはかなりキツイですよね。 家でテレワーク(仕事)して、...
スポンサーリンク
あわせて読みたい