その他ベスト5

お菓子好きが選ぶ人生で買って良かったお菓子ベスト5

スポンサーリンク

こんにちは!shiochocoです。
皆さん、お菓子は好きですか?私は大好きです。いつも何か食べていないと落ち着かなくなります。

生まれてから買ってよかったと思うお菓子について述べていきます。
ただし、お菓子の味わいは絶対的なものではないので、その時代時代での風景や年齢にも大きく左右されています。

スポンサーリンク

お菓子好きが選ぶ人生で買って良かったお菓子ベスト1『グリコ ポッキー』

ロングセラー商品です。色んな味に派生していますが、やはりスタンダードなチョコレート味が一押し。
若い女子高生が食べるCMの影響からか、甘酸っぱい思い出を呼び起こすお菓子です。

味はといえば、チョコレートは少し苦みがあるソフトなチョコレートがポッキーについていて絶妙なコンビネーションです。クッキーとチョコレートの愛称は最高です。

また、ポッキー全般にいえますが、やはり形が細い棒状のものって食べるのがコミカルでバリエーションがあります。前歯でリスのようにポリポリかむのか、CMのように、カリッとやるのか、などなど、食べ方にも個性が出やすいのがポッキーです。

チョコレート味が本命なのですが、たまに塩っけが欲しいときのサラダ味も癖になります。

お菓子好きが選ぶ人生で買って良かったお菓子ベスト2『ブルボン ルマンド』

特価のときは80円くらいで売られるようになった今日ですが、30年くらいまえは、結構高級なお菓子でした。子供だったので、、、。

何層にも重ねられたクッキーの生地はゴージャスな気分になります。クロワッサンやパイ、バームクーヘンと同じで、何層にも重ねられたものにはリッチ感がただよいます。

そして、パッケージの色が薄い紫色。紫はやはり高貴なイメージを持たずにはいられないのはどうしてでしょうか。そして、ブルボン・ルマンドと書かれている。ブルボンという音の響きからは、後年ブルボン王朝なるものをしってからは、ますます高級なお菓子感を感じるようになってしまった。

そして、ルマンド、、、これは何が由来かはわからないが、もはや、ルマンドというお菓子のための言葉であろう。ルマンドといえば私の中では、貴族の安価な菓子なのである。

スポンサーリンク

お菓子好きが選ぶ人生で買って良かったお菓子ベスト3『グリコ カプリコ』

チョコレートとウェハース生地のコンビネーションは最高です。なかでもカプリコのウェハース生地は硬めでエア・イン・チョコレート部分の柔らかさと対をなしており、食感をより豊かなものとしてくれます。

小学生の頃、遠足のおやつといえば必ずカプリコをしのばせていました。当時の遠足のおやつ代は300円~500円くらいでした。

カプリコをそこに入れようとすると、かなりの部分をカプリコが占めることになる。それでも一点豪華主義の私は、いちご味のそれを入れるのです。

味は決まってイチゴ味。上から食べるか、下から食べるか、上下交互に食べるか。そういった食べる楽しさもカプリコにはありました。コーンから食べるのが私の常でした。

スポンサーリンク

お菓子好きが選ぶ人生で買って良かったお菓子ベスト4『明治 たけのこの里』

きのこの山とたけのこの里を比べると、チョコはタケノコのほうがやわらかくてマイルドでした。

たけのこの山はより大人な感じのお菓子でした。クッキー地もきのこの山のほうは硬めの生地でかたちもしぶくてより大人向けな感じがしていました。

もう40年くらい販売されていると思いますが、タケノコの里はきのこの山よりも少し遅れて発売されたことを記憶しています。

ほかにもシリーズできこりの切り株というのありませんでしたっけ?知る人ぞ知る、といった感じのマイナーな仲間もいたりして、このシリーズは結構好きです。他にもいろいろなシリーズを作ってほしいです。

お菓子好きが選ぶ人生で買って良かったお菓子ベスト5『マクビティ ビスケット』

言わずと知れた麦芽入りのクッキーです。麦芽のコクとざらつきが最高です。風味も最高です。

マクビティ ビスケットはチョコレートが裏面に塗られたチョコレート味とプレーン味があって甲乙つけがたいです。牛乳と食べたりしてもおいしいビスケットです。

40年以上前からあると思うけれど、このクッキーはもともと外国製だからなのか、普通のお菓子屋さんやスーパーで見かけることはまれです。

西城のようなちょっと高級感があるようなお店でようやくみかける、といった感じ。リッツやムーンライト、マリーのようなごろごろしているクッキーというより舶来性の高級クッキーというイメージアずっと付きまとってきた。甘すぎず、ぱさぱさすぎず、ついつい買いだめしたくなるお菓子です。

まとめ

どのお菓子もロングセラー商品です。グリコポッキー、ルマンド、カプリコ、たけのこの里、マクビティビスケット、どれも40年以上は販売されています。

どれも甲乙つけがたいのですが、このような順位にさせていただきました。どれも、今までに似たようなお菓子と戦ってきましたが、やはり残るには訳がある。

それも半世紀近くとなると、名作です。ギンビスのアスパラガスなども候補にはあがりましたが、チョコが入ったものがおいしいし、栄養価も高い。懐かしさとともに味わいがよみがえります。

スポンサーリンク
あわせて読みたい