観光名所ベスト5

新潟に住む40代独身男がオススメ!一人でも大人数でも楽しめる観光名所ベスト5

バイト決まれば最短翌日に全員貰える

マッハボーナス
最大1万円!
スポンサーリンク

新潟にうまれ、美味しいごはんと呑気な風土に囲まれて過ごすうちに、気がつけばあっという間に40歳。

おかげさまで楽しい思い出だけは県内でたくさん作ることができました。
今回はご家族連れでもお一人様でも楽しめるオススメスポットをご紹介致します。

スポンサーリンク

新潟に住む40代独身男がオススメ!一人でも大人数でも楽しめる観光名所ベスト1『佐渡ヶ島』

Twitter

『佐渡ヶ島』
新潟の中でも別格の風土の良さ、食事の美味しさで多くのリピーターが訪れる佐渡ヶ島は、なんといってもそのおおらかな環境が魅力です。
ジェットフォイル船で片道90分程の船旅は、ちょっとしたおでかけにもぴったりの距離感。晴れた日にはピョンピョンと飛び跳ねるトビウオたちが出迎えてくれます。
生活排水が流れ込まない自然環境で育まれた佐渡産コシヒカリと新鮮な海産物を目当てに、食道楽を極めるもよし。朱鷺の暮らす雄大な自然環境をゆっくりと散策するもよし。
日帰りからご家族でのキャンプインまで、様々なスタイルの旅を受け入れてくれる懐の深さがあります。そしてお土産はなんと言っても佐渡産コシヒカリ。新潟県内でも南魚沼産に次ぐ第二位の高級米産地であり、朱鷺と共生できる自然環境が、小粒でも甘くて美味しいお米を生み出しています。(

新潟に住む40代独身男がオススメ!一人でも大人数でも楽しめる観光名所ベスト2『長岡花火』

Twitter

『長岡花火』
大林宣彦監督の映画『この空の花』の舞台ともなった新潟県長岡市の花火大会は、第二次世界大戦下の大空襲による犠牲者への慰霊と鎮魂の意味を込めた花火大会として
規模・人気ともに新潟県内指折りの人気行事です。2015年にはYahoo! JAPANの調査する「有名花火師が選ぶ花火大会厳選10選」でも首位を獲得しており、中でも中越地震・中越沖地震からの復興を祈念して行われているフェニックス大花火は、信濃川の河原を数キロに渡って打ち上げられていく連発尺玉の見事さに、思わず鳥肌が立ってしまうほど。開催期間中は2日で100万人以上を動員する大きなお祭りのため、混雑などに尻込みされてしまう方もいるかもしれませんが、実は「大きすぎてどこからでも見える」うえにテレビ中継やパブリックビューイングも充実しているため、余裕を持って楽しめます。

スポンサーリンク

新潟に住む40代独身男がオススメ!一人でも大人数でも楽しめる観光名所ベスト3『柏崎花火』

Twitter

『柏崎花火』
前述の長岡花火が都市部の河川で行われる都市型花火の雄だとすれば、こちらの柏崎花火はまさしく「海の大花火」。水面に美しく映る水中花火や、寝そべることが出来る砂浜で頭上に打ち上がる尺玉100連発など、自然の雄大さと共に満喫できる花火大会として、長岡花火・片貝花火と共に越後三大花火と並び称される人気行事です。
海中空スターマインをはじめ、海の広さを利用した幅600mのワイドスターマイン、さらに尺玉100発一斉打ちと、百花繚乱の美しさは県外からも毎年多くの人々がこの日を目当てに訪れるほど。花火だけでなく、海の町として豊かな海産物のとれる柏崎をまるごと楽しむなら、この季節がベストです。お土産は柏崎名産の鯛がオススメ!鯛茶漬けも美味しいですよ!

スポンサーリンク

新潟に住む40代独身男がオススメ!一人でも大人数でも楽しめる観光名所ベスト4『湯沢駅・ぽんしゅ館』

Twitter

『湯沢駅・ぽんしゅ館』
冬の新潟の玄関口として全国から多くのスキー客が訪れる湯沢駅には、新潟県内の全酒蔵から集められた膨大な数の日本酒が試飲・購入できる施設「ぽんしゅ館」があります。
500円で最大お猪口5杯分の利き酒が楽しめるほか、ここでしか手に入らない日本酒などもあり、まさしく「日本酒の館」に恥じない品揃え。あわせて最高級のコシヒカリによる爆弾おにぎりやお惣菜・お漬物などのラインナップも充実。加えて酒麹を用いたカフェや、酒風呂専用日本酒を直接温泉に投入した酒風呂なども取り揃えられ、冬はスキーに、夏はフジロックに訪れたお客様を出迎えています。個人的には日本酒は勿論ながら、ここでしか手に入らない希少な酒の肴やおつまみの購入が湯沢探訪の楽しみのひとつになっています。

新潟に住む40代独身男がオススメ!一人でも大人数でも楽しめる観光名所ベスト5『アクアデザインアマノ・ネイチャーアクアリウムギャラリー』

Twitter

『アクアデザインアマノ・ネイチャーアクアリウムギャラリー』
「美」を感じられるスポットとしておすすめしたいのが、世界的な水槽・ネイチャーアクアリウム界の名門ブランド「ADA(アクアデザインアマノ)」の本社に併設されたアクアリウム(水槽)ギャラリーです。新潟県内でも穀倉地帯として広大な田園地帯が広がる白根市に本拠を置くアクアデザインアマノは、その水景の美しさと洗練された世界観で世界中のアクアリウムシーンを牽引する人気ブランドで、本社にはその世界観を反映した圧倒的な迫力の水景水槽などが展示されており、訪れる人に深い癒やしと落ち着きを与えてくれます。小型水槽でも一式○○万円というADAの世界は決して安価ではありませんが、このギャラリーを見た後だと思わず欲しくなってしまうかも?
本当は人気になりすぎてほしくないのであまり教えたくない隠れスポット的な穴場です。

まとめ

新潟県内のオススメスポット、本当はまだまだあるのですが、今回はここは絶対オススメさせていただきたい!というところを厳選させていただきました。
本当はこの他にも、美味しいお蕎麦やラーメン、海産物のお店など、挙げ始めるとキリがありませんので涙をのんでカットしました。
ぜひお越しの際は新潟の幸をお楽しみくださいませ。

スポンサーリンク
あわせて読みたい