観光名所ベスト5

千葉県に住む30代子育て世代の女がオススメする子供と行く観光名所ベスト5

バイト決まれば最短翌日に全員貰える

マッハボーナス
最大1万円!
スポンサーリンク

はじめまして、mamaと申します。

千葉県在住、34歳主婦歴14年で、中学生と小学生の2人の子供がいます。

生まれも、育ちも千葉県です。

そんな私がオススメする家族で楽しめ、低予算で家計にやさしい子供と行く観光名所ベスト5です。

スポンサーリンク

千葉県に住む30代子育て世代の女がオススメする子供と行く観光名所ベスト1『ふなばしアンデルセン公園』


第1位は、ふなばしアンデルセン公園です。

入場料金は大人900円、高校生600円、小・中学生200円、幼児100円です。近くのコンビニで前売り券が1割引きで購入できます。駐車場は500円です。

例えば、家族4人で約3000円で入場出来ます。アンデルセン公園は、デンマークの童話作家のアンデルセンにちなみ彼の作品に登場するようなメルヘンな世界を体験することが出来ます。公園内は5つのゾーンに分かれています。

特に、大型遊具やアスレチックコース、夏には水遊びが出来るじゃぶじゃぶ池のある、わんぱく王国ゾーンや子供が工作や料理などのクラフト体験などが出来る、子供美術館ゾーンがオススメです。デンマーク風の美しい園内で子供が思いっきり遊ぶことが出来ます。

千葉県に住む30代子育て世代の女がオススメする子供と行く観光名所ベスト2『手賀の丘公園』


第2位は、手賀の丘公園です。入場料、駐車場は無料です。

自然の中で思いっきり遊びを楽しみたいという方におすすめです。服が汚れる可能性大なので、着替えを持参した方が、思いっきり楽しめます。

手賀の丘公園は自然のままの森林の中にあり、木製アスレチックコースやテニスコートなどのアクティブな遊びを堪能することが出来ます。

また、夏には涼しげなじゃぶじゃぶ池が登場し、園内のキャンプ場はなんと一人150円で利用することができ、子供に人気のカブトムシやクワガタムシ採りやバーベキューを楽しみながら家族で多彩なアウトドア体験が楽しめます。

森の奥に鎮座する巨大な恐竜滑り台は子供と遊んでよし、大人が滑ってもよし、写真を撮りSNS映え間違いなしの公園のシンボルです。

スポンサーリンク

千葉県に住む30代子育て世代の女がオススメする子供と行く観光名所ベスト3『犬吠埼灯台』


第3位は、犬吠埼灯台です。太平洋に飛び出たように灯台があります。

灯台を登るのには、大人200円小学生以下無料です。螺旋階段(99段)を登るので、動きやすい格好がおすすめです。ダイエット中のパパやママには、灯台周りを含め良い運動になります。灯台のそばには2018年にオープンした「犬吠テラステラス」があります。

中にはカフェや軽食が入っており、海を見ながら休憩が出来ます。カフェの隣にはパン屋さんがあり、時間が合えば焼きたてのパンが食べれます。

お土産屋さんも入っており、銚子電鉄のぬれせんべいや千葉県の菓子、地元の農家さんの野菜が売られています。

元日には日本で一番早く日の出見られるスポットとしても有名で、素敵な風景と海風に吹かれながら家族と過ごすのもいいと思います。

スポンサーリンク

千葉県に住む30代子育て世代の女がオススメする子供と行く観光名所ベスト4『千葉ポートタワー』


第4位は、千葉ポートタワーです。タワーの入場料は大人420円、小・中学生200円小学生未満無料です。

千葉港のシンボルです。タワーの周辺には、人工海浜や芝生の広場があります。人工海浜では、泳ぐことは出来ないのですが、砂浜散歩や貝集めが出来ます。

芝生の広場では、レジャーシートを敷いて、ピクニックをしたり、夏休みの時期になると水遊びが出来ます。アウトドアー広場では、事前に予約をすればバーベキューの器材と食材の販売があり、今流行りの「手ぶらでバーベキュー」が出来ます。芝生の周りを囲むようにジョギングコースがあり、バーベキューを食べすぎたらカロリー消費もできます。

タワーからの展望は、天気が良ければ、富士山やスカイツリー、筑波山などが見れます。

タワーの中に恋人の聖地があり、フォトジェニックスッポトがあります。SNS映え間違いなしです。

千葉県に住む30代子育て世代の女がオススメする子供と行く観光名所ベスト5『千葉市動物公園』


第5位は、千葉市動物公園です。入場料は高校生以上700円中学生以下は無料です。

千葉市動物公園といえば、レッサーパンダの風太君がとても有名です。

他にも、なかなか動かない鳥で有名なハシビロコウもいます。もちろん、ライオンやキリン、イケメンなゴリラなど大型の動物もいます。

小さいお子さんでも、安心して動物に触れることが出来る、ふれあいゾーンもあり、大人も子供も一日楽しめる施設です。

園内にレストランもあるのですが、お弁当を持って遠足気分で楽しむことも出来ます。

帰りには、お気に入りの動物のかわいいぬいぐるみやグッズを購入するのもオススメです。

2020年にオープン予定で、チータとハイエナも増えるそうです。種類がたくさんでになり、充実な一日を過ごせます。

まとめ

家族で出掛けると意外とお金がかかります。

でも、子供達には色々な体験をして欲しいものです。なので、低予算を重視し、もちろん家族みんなが楽しめる場所です。

家族みんなで体を動かして遊ぶことは、とても良いことだと思います。

みんなで一緒のことをやることが、家族の思い出作り,絆作りになると思いますし、家族仲良く過ごせるきっかけにもなります。

以上で、私がオススメする家族で楽しめ、低予算で家計にやさしい子供と行く観光名所ベスト5です。

スポンサーリンク
あわせて読みたい